雑文

パパさんチェアとNHK集金員

P_20160529_002338_HDR


今日は部屋の寸法を計りまくって、ニトリへ 。PCデスクなどなど買い込んで言えで組み立ててました。
買い物の最中目に留まったのがこれ。
https://www.amazon.co.jp/今枝商店-籐-パパさんチェアー-Y117B/dp/B0018NJGWQ
丸い椅子のパパさんチェアと言うらしい。見た目に誘われ座ってみるとあら不思議。身体を包み込むような心地で、ストレスが全く感じない。いつもなら座ってみてもすぐ立つんだけど、数分間ぼっーとしてしまいました。
次の給料入ったら冷蔵庫や洗濯機を・・・と思っていたんだけど、正直こっちの方が欲しい。 ソファよりもこいつがいい。そう思わせた代物でした。
たぶん近いうちに買います。ちなみにニトリのパパさんチェアは2万円くらいでした。
家に戻ってから、19時くらいに突如のピンポン。配送もないはずだし、なんだ?って思って開けたら、若い 優しげなにいちゃんが立ってました。そう引っ越し二日酔い目にしてNHK集金員が来たのです。
テレビもないし、大丈夫ですで終わりにしようとしたら、なんでも内から受信電波を完治したらしい。なんでもテレビがなくとも、ワンセグ着きのスマホ・タブレットがあるだけでも機械に感知されてしまうそうで。
感知された以上は契約しなきゃいけない・・・らしい。なんとも不本意。
それでもボクが、もちろん最低期間の二ヶ月後に契約廃止して返金希望するのは前提の上でも、易々と契約に賛同してしまったのはその集金員の必死さからでした。
いろんな人にNHKです、と声かける度、ヤジを飛ばされたり、嫌な顔されたりしてるわけじゃないですか。それでも仕事だからと、謙虚に超下でに対応する姿に同情してしまいまして。
と同時に職業の自由がありながら、何故この人は集金員の仕事を選んだのだろうという疑問も頭をよぎりました。
NHKという有名で巨大な組織に魅力を感じたのかもしれないし、それ以外のとこは就職活動で縁がなかったのかもしれない。実は大変ゆえに給料がいいのかもしれない。どれが答えが今じゃわからない 。
ただ、その集金員を見ていたら 、自分は恵まれているかも・・・とは強く思いました。