正社員

正社員45日目 欲望は終わりを知らないって話

P_20160424_070550_HDR

 


今日も昨日に引き続き大変な現場でして。

まだ今回の現場は三日目にも関わらず、みんな疲労感マックス。もちろん3月からの繁忙期で、休みなんて多い人で月5日くらいだろうから、疲れが蓄積してるみたい。 ちなみにボクは4月の休みは二日間のみです。笑

そんなわけで帰りの車の中では愚痴が飛び出す。

朝早くに出社してるわけだからその分も手当出せだの、昇給がごまかされてるだのなどなど。

まあ神経を使う仕事で、休みなく働いてるのだから最もな意見だとも思う。

でも会社だって必要経費が莫大にかかるのだろうし、経営者側も簡単に固定費となる人件費を上げれば、自分たちの役員報酬が減りかねないとかもあるんじゃないかなあとも思う。

まだ新人のボクには簡単に「そうだそうだ!」と賛成はできないし、何が正しいのかも判断できない。多分、会社も社員も両方まっとうな意見があるのだろうと思う。

もし、ボクが今後経験を重ねて、職位も上がったとしたら、やはり同じ愚痴を吐いてしまうのでしょう。

でもなんというか、給料のことで文句を言い出したらキリがないとも思う。そんなのよっぽど優れたスキルがある人材か、よっぽどホワイトの優良企業じゃない限り、給料への不満は永遠につきまとう気がするからです。

ボクが理想とする給料基準は家族が養えること。具体的には一人の子供を高校くらいまでは養育費出せるレベル。そうは簡単に言っても、今の時代じゃ四苦八苦するのは必須なのだろうけれど、それくらいは欲しいし、それくらいでいい。

特にギャンブルや高額な趣味、もしくは借金があるわけでもない。今後なにかしらのトラブルに遭って、思わぬ出費は数百万単位で出てくるかもしれない。でもそれ以外はこれといってお金を使いたい欲求もさほどない。

長くなったけれど、ともすれば会社に愚痴らずともその低い理想は叶えられそうな気がするわけで。

なので、あんまり不満は思いたくないし、諦めに近いかもしれないけれど、今後の給料に満足できそうな気がします。

人なんて自分自身を考えると特別な存在に感じざるをえないけれど、この億という人数上、その存在はちっぽけで。生き物である以上、繁殖が一番の潜在的な生存目的なわけだから、それが叶えられれば人生御の字なんじゃないかなあ本当のところ。

そこに人間は文化的生物だとか、際限ない欲求を帯びた考えが含まれると、人生規模で終わりのない欲求に追われて、不満を一生抱えて生きてしまう気がします。