正社員

正社員15日目 音楽の話って盛り上がりにくい

P_20160321_115500_HDR

 


今日は眠気もなく、あっという間に時間が過ぎました。

仕事も順調で予定より1日早く東京に戻れることになった。帰った翌日は日曜なので休日というグットタイミング。そんなわけで山口にいるのも残すところ4日間。あっという間でしたなぁ。

そんな今日は作業中ひたすら頭の中でテイラーのYou belong with meが鳴り響いておりまして。

shake it offとかも人気曲だけど、ボクはこっちの方が好き。

内容は「彼女持ちの彼への片思い・・・。そんな私に気づいて!」といったべたなものなんだけど、PVのテイラーがかわいいし、海外の学園ドラマのテーマソングになりそうで、まあなんだかんだでメロディが好きなんでたまに聞きます。

こんな感じの音楽の趣向ってなかなか同感をもらえること少ないし、話したからといっておしゃべりが盛り上がるわけでもなかったりする。

例えばボクはBeatlesならPenny laneが一番好きだし、QueenならUnder pressureが一番好きです。でもそれを言ったところで「は?」って8割方なる。 Penny laneくらいならメロディ聞けば誰でも「あー」となるけど、Under pressureは聞いても知らない人が多いと思う。Under pressureはDavid Bowieとコラボしたバージョンがアップテンポで最高に好きなんだけれど、そのDavid Bowieもこの間亡くなったそうで。

例えばJohn LenonのStarting overも好きなんだけど、「これは歌詞の中で人生の終わりを匂わせている曲でね。そして不思議なことにこの曲を最後にジョンは発砲にあってこの世を去ったんだ。」とかストーリーを言えるとする。すると「ジョンは自分の死を予言していたのかもしれないわね。」って感じで会話はちょっと続くけど、大抵の曲の裏側のストーリーなんて知らないし、会話のネタにはできない。

そんなわけで、音楽の話ってよっぽど感覚と趣向が合う人じゃないと、独り言のように話が終わってしまう。悲しいことに自分の胸にしまいこんだままとなっちゃうんですよね。

QueenならWe will rock youやSomebody to love、他にはBohemian Rhapsodyといった代表曲があります。でもそれらより、やっぱりUnder pressureが好きだ!って方いませんかね?

そんな人ひとりに会えるだけで、その日1日幸せに過ごせる気がする。