無職

無職、自己分析をするも行き詰まる

-shared-img-thumb-PAK82_golashitasakka-boru20140102_TP_V

 

球技が苦手なのはなぜでしょう?

今でも言えることなんですが、ボクは球技が苦手です。これが長年頭を悩ませてました。

サッカー、野球など小学生のころの習い事としてやってはいたものの、万年のベンチ(もしくはベンチ外)でした。とはいっても高校時代はよく昼休みはグラウンドでサッカーしていたので、嫌いではないものの、どうも上手にはなれない。 運動能力がスクールカーストの位置づけを左右するので、屈辱的な時代もありました。

じゃあスポーツ音痴なのかというとそうでもない。マラソンや剣道では学年トップでしたし、今でも長距離走は得意です。 しかし、そこにボールが加わると何故か調子が狂う。なんででしょう?と。

どうやら団体行動が苦手らしい

最近になってふと気がついたんですが、球技って大抵、チーム対抗戦なんですよね。もちろんテニスとかシングルスもありますが、ぱっと思い浮かべる球技の大部分が複数人で行うものではないでしょうか。 

そこでボクはグループワークが苦手・・・なのは言うまでもなくわかっていることではありますが、団体行動ではいい結果を出しにくい性質があるんじゃないかと推測しました。

そこで大学時代を振り返ってみます。こんなボクでも賞賛された経験は何度もあって、時には賞状をいただいたりもしたことがあります。でもそのどれもが個人活動の結果でした。 

例えなんらかの組織に入っていたときでも、自分個人で全てを管理しなければいけない作業においてのみ褒められたりしてきた記憶があります。 

じゃあ団体と個人とどう違うか。

ボクはこんなんでも、何かをするときは「もっと上を、もっと上を」と考えてしまう傾向にあります。個人作業であれば、それを最大限に結果に出そうとすればすぐ道のりは逆算できます。しかし、団体行動になると、個々人の理想イメージは多種多様なため、自分の理想を押しつけることは難しい。そのため、どこか妥協して、またいさかいを抱えながら進めざるをえないといった印象をボクは持っています。もちろん作業の代償として、団体でやった方が大きなものを創造できるとは思いますが。

たぶん人間の違いとして、個人作業の方が圧倒的に強いと思ったわけです。

仕事でも個人で全て行うものがいいらしい

長くなってしまいましたが、仕事選びにおいても、団体行動よりも個人作業の多いものの方が適正はあるし、そっちなら思わぬ結果を残せる可能性が高いようです。 

確かに新卒で入った職場でも、集団作業と個人作業が半々くらいだったので顧客からの反応もいいときは本当に良かった。その次の会社は小さいオフィスでのデスクワークで締めきりが迫っているものを、上司の監視のもと逃げ場ない状況で行っていたので常にストレスフルでした。

自分個人でやれるもの・・・そう考えていくと、伝統工芸の職人やら、小説家やら、自営業のものやらがぱっと思い浮かびます。でもそういったものは普通の求人ではまず見かけないですし、安定とは遠い世界だったりもするので、安易な考えでは踏み込みにくい領域だったりもします。

また、個人で独立するまでの技術習得で、なんだかんだで集団行動を強いられてしまうジレンマ。

今回の発見は捨てがたいものではあります。しかしいい加減、生活の糧を得たいものの、仕事選びの結論は出ずじまいです。