無職

無職の年越し

P_20151224_162211_HDR


年末は朝っぱらから派遣へ。イベント運営で屋外の誘導スタッフを久しぶりにやりました。

ベンチコートを身に纏って、拡声器を片手に叫びまくったり。はたまた看板もってひたすら立ちんぼしたり。周りの連中は「寒い、寒い」と文句垂れてばかりだったけれど、厚着して備えてきたのでそんなんでもありませんでした。

元旦の1月1日、駅へと急ぐお客を誘導し終えるとようやく終了。16時間くらい働いて2時間も休んでないけれど意外と平気なもので。ただ、肩こりと眠気がひどかったですね。

そして4時くらいに帰って正午まで爆睡。起きた後も飯は一切食わずにゲームしたりして過ごす。

途中「俺何してるんだろう」という状態になって、なんとなくフェイスブックを久しぶりに見てみる。 みんな頑張って生きてるな・・・というのを横目にスライド。

逆に「俺の人生ってなんなんだろう」という思いがぬぐえなくなって、学生時代頑張ってた投稿の一切を消しました。

家には姉も帰省しているけれど、会う気ももっぱらなくなってしまいました。

外に出たいけれど、お金もない。

応募した会社からの連絡を10日間くらい無視してるけれど、いい加減返さなきゃという気持ちと裏腹に、一切返信する勇気が出ずじまい。

1月1日って、12月31日まで貯まった数値がリセットされたようなもので、それこそまた新しい1年だ!・・・という気持ちに今まではなって、今年はこんなことに挑戦しよう!とか張り切ったものだけれど、今年はなにもイメージがわきません。 

なんでしょう、この新年早々の虚無感。