雑文

人間関係に悩んだときにはっと気づかされた本

bsYOSX9447


おすすめされていた本があったのですが、昨日ようやく読むことができました。

自分の小さな「箱」から脱出する方法
アービンジャー インスティチュート
大和書房
2006-10-19


Amazonでそれなりの評価を受けている他にも、タイトルに魅了されました。仲良くできない人と接する時は、どうしても相手からの批判を恐れて自分を守ろうとして相手に関わらない、我慢する、もしくは逆に抵抗し批判し返したりしてしまいます。

もちろん、その瞬間は快適ではなく、不愉快な気持ちが強いです。この気持ちをいかにクリアするのかの答えを探したく読み進めました。

 

相手を批判したり、相手に抵抗するのはどの瞬間か。それは自分が相手のためにやるべきだと感じたことを裏切る時です。自分のその感情を裏切った瞬間から自分の正当化に思考は傾き、そのために相手を下に見ることでより一層自己正当化が進んでしまいます。

その結果、批判対象との関係が険悪化したり、その対象と時間を共にする組織から離脱することになったり、最悪その相手を離脱させよう、もしくは危害を加えようと思うことにさえ繋がってしまいます。あくまで自己正当化により歪められた視点での行動という点で、判断の正確さに欠いているといえます。

 

ここまではまだ考えてみればそうだなと考えつける部分ではありますが、「自分の感情を裏切ることは、相手が自分自身に不愉快な行動を向けたゆえではないか?」と外部要因に原因を迫る部分があり、ここが見所だと思います。

結果から言えば、相手のせいではなく、自分が箱の中に入ってしまっている状態下にあるからとなるのですが、その説明が独自性があり、思わず納得してしまいました。

 

最後まで読んでみてですが、人と接する時に「自分が箱に入っている」状態になっていないかの客観視によって正確なモノの見方ができるのではないかと期待できます。現実的な場で活かしやすく、人間関係を改善する上で重要な視点を与えてくれる一冊でした。