無職

無職、面接を2社終えてみて。

-shared-img-thumb-PAK85_marunouchisabishiku20150112132410_TP_V

 

 


ようやく予定していた面接2社を終えました。

1社は1次面接だけだったので、たぶん今週中には連絡くるかなあと。もう1社は社長が出張中とのことで、来週になりそうです。 

当たって砕けろ!どーせ落とすんでしょ!?くらいの勢いで、緊張と恐怖に抵抗して面接に赴いたわけです。年間200万以上もの費用となるわけで、ろくな職歴がない以上,冷たくあしらわれても仕方が無い。

 新卒時では圧迫面接も多かったんですが、今回はそんなでもなく。いろいろと質問に答えていく中で同情や共感してもらいながらだったので、とてもやりやすかったです。

一つ難点があったといえば、やはり「前社をなぜ辞めたか」といった質問です。1社目ではこれでもかというくらいに問い詰められました。まあなんとか答えられ、相手の疑問も払拭はしてきましたが、まあ長期勤務できるかに関しては不安にさせたかなあと。こっちは採用はもらえないかもしれませんね。 

ただ、どちらが優先したいかと言えば、今日行った方で、技術職の仕事です。完全に男社会で、でも小さなオフィスは30代が多く、社員同士仲いい印象でした。さらに一年の半分以上は出張するらしい・・・。そのため、彼女や家族とは毎日一緒にいられるわけではないので、次の二次面接までに相談しておくように言われました。すっごい特殊ですね。
小さい会社なわりに利益率は高くて、待遇や資格援助、キャリアアップ等、大手に負けてないのも魅力でした。

取締役の方や人事の方とも打ち解けられたので、作業自体は過酷と念押しされましたが、それ以上にいきたい気持ちが強くなりました。

勝手な期待は入社してからの絶望に変わりやすいので、そこそこで抑えておきます。

今まで絶望しながら息するだけのような生活を3ヶ月してきたので、ちょっと就活してみるだけでも希望が見られるんだなあというのは予想外でした。

無職離脱の日も近い?