無職

無職、半年ぶりの面接にガクブル・・・

-shared-img-thumb-PAK85_marunouchisabishiku20150112132410_TP_V

 


無職、明日は面接

今日午後から面接に行ってきます。正社員採用面接なんて去年の7月末以来なのでちょうど半年振りでしょうか。

それからバイトや派遣の面接は経験してきたものの、やはり責任と待遇が違うだけに緊張が半端ないです。

正直、こんなこと考えるべきではないのですが、落ちたら・・・という気持ち以上に受かったらどうしようという気持ちが強くあります。今までの経験上、面接後採用の返答があまりに早いところはボクを認証してもらえたというより、人間関係最悪で離職率が高かったりで人材選びに贅沢言えない・・・だから雇ったといったマイナスなイメージがあります。せめて、1週間くらいは連絡しないでいただいた方が嬉しい・・・という少しねじ曲がった見方をしちゃってます。

会社自体は残業少ないみたいだし、賞与・昇給もあります。顧客からの反応も良いものが目立ってました。そしてなにより自分の興味ある分野です。

ただ、会社自体が小さい、業務にスキルは必要そうではなくスキル習得ができるか不明。また祝日は休みじゃないし、年末年始以外の特別な休暇はなし。 

不安なことなんてあげればきりがなくなりますが、何より人間関係が良好であるかが心配要素です。

まあ無職なんだから贅沢言ってねえで、とりあえず雇ってもらえるところで数年働けって話ですよね。 

はぁ。いろいろダメでもいいから、しつこいようですが人間関係は良好であってほしいなぁ。 

相手の方ばかり要求しても、こちらから提供できるものなんて明確には言えないしなぁ。要求する資格なんてないものなぁ。

それに面接の中で何が怖いって、「こいつ能なしの無職野郎だなぁ」って思われてしまうこと。ボクのちっさなプライドが傷つく瞬間です。でも・・・そんなプライド価値ないしなぁ。もしそうなったら笑ってごまかしてしまおう。笑

そして何よりもアレだ。志望動機にパンチがない。今までなら、専門的勉強してきたとか、作業が本当に好きだ・・・と言えてきたけども、今回は直接的な関連性が薄いと捉えられそう。うーむ。

こんな感じで面接前って頭がぐるぐるします。誰だってそうなのかもしれません。それでも面接の時間はやってくるし、どんな質問にも答えは用意してなくても即座に的確に答えてきた自分がいました。そしてバイトも含めると何回か採用してもらってきたわけで。 (もちろんその倍落ちてますが。笑)

 自分で思ってる以上にピンチの瞬間って冷静になれるので、まあなんとかなるでしょう。笑

さて行きますか・・・。