P_20180505_123755_vHDR_Auto














 
誰にも求められていないけれど、結論までの過程を語らせてくださいまし。

簡単に要約すると、

1,無職脱出→ブラック社畜の仲間いり

2,投資を始める

3,プログラミングを始める←いまココ

4,一ヶ月後に退職決定!!


なんでそうなったの?という詳細が以下。

無職脱出!!

2016.3
無職を脱出して、インフラ系の会社に技術職として入社する。全国へ出張して、いろんな地域の文化に触れる。とともに、休みはほとんど消滅する。

社畜に絶望する。。。

2017.1
技術をどんどん習得して、売上に本格的に貢献しだす。しかし今の仕事(インフラ関係)で身についたスキルは、狭い同業内でしか評価されず、しかも同業他社は今の会社以上に出張が多い、さらには給料UPは昇進後もさほど期待できず、絶望する。。。

節約生活開始!!

2017.2
やってみたかったことの一つ、投資をやってみることにした。 

ネット証券の口座(SBI証券)を開設!!そこから投資の基礎知識収集。調べてみると一口10万以上必要な会社がざら。しかしお金がないので、家計簿(マネーフォワード)をつけながら節約をすることに。

2017.4
投資先の検討材料として、テレビ東京のBOD(ビジネスオンデマンド)を見始める。

プログラミング開始!!


2017.8
IT分野が需要、技術発展の部分でも熱い!!かつ、学習はPCがあればできるということで、progateをはじめる。メインにHTML/CSSをやっていたんだけれど、ちっさいエラーが解決できず、一ヶ月半で挫折。

投資開始!!


2017.11
お金が溜まってきたので、投資を始める。個別株、ETF(WelthNavi)、仮想通貨に分散投資。ビットコインの仕組みを理解。非中央集権型、世界中のノードによるトランザクション承認、マイニングの仕組みにお金の仕組みが変わっていくだろう将来を思い浮かべて、感銘を受ける。

2017.12
仮想通貨が激アツ!!草コインなど、仮想通貨全般の情報収集に明け暮れる。

2018.2
仮想通貨のバブルが弾ける。損失こそ出てないものの、投資は変動的で、奪われるときは奪われてしまうし、そもそもそこまでお金が欲しいわけでもないことに気がつく。逆に奪われないもの、知識が欲しいという欲求が高まる。

ブロックチェーン技術・プログラミングの勉強開始!!


2018.3
ビットコインに次ぐ時価総額のEthereumの基盤となる言語、solidityの勉強をプログラミングスクール(TechAcademy)の力を借りて開始する。仕事が繁忙期を迎え全国へ出張へ行く中、仕事後のホテルでひたすらコードを書く日々。

2018.4
最終課題までたどり着く。Ethereumの送金を通じた各種プログラムを書けるようになった。ここまでくると、プログラミングのエラーの波をかいくぐり、自分の望んだ動きをすることに楽しさを感じ始める。しかし、他人に成果を見てもらうためにブロックチェーンアプリケーション(dapps:Decentralized Applications(非中央集権・分散型のアプリケーション))を作るには、javascriptなどフロントエンドの言語も必要だということを知り、web言語の習得を決意する。

2018.5
働いてて身につくスキルは市場価値はないし、ここで働いている時間がもったいないと感じ、web系の会社で働きながらスキルが身につけようと、今年度中に転職を決意。ついに退職届を提出。HTML、CSSを復習した後、Javascript、PHP、SQLの勉強を始める。

ザワザワ・・・

2018.6
ついに無職に返り咲く!!(予定)

といっても今の会社が出張多すぎて、就職活動なんて辞めない限りできっこないので、一時的に無職という形。
一時的とはいえ、無収入になることへの不安はありますが、投資に回してる分の金融資産を戻せば今年いっぱいくらいは普通に生活できる見込み。でもさっさと収益源を確保したいのが本音。

そんなことを頭の片隅に置きながら、今日も一心不乱にコードを書く!