P_20180304_081353_vHDR_Auto














 
出張で広島は呉という町に来ていて、今日は休日。
朝早く起きて、ホテルの食堂で飯食ったら天気がいい。一日中部屋でぬくぬくと引きこもってる予定だっただけに、「ちょっとだけ散歩してリフレッシュしようかな」と思って外へ出たのが事件の発端となるのはこの時は予想できなかったとか大体そんな感じ。

P_20180304_081918_vHDR_Auto















8:00。呉は海軍の街。造船業も盛んで海沿いには造船用の巨大なクレーンが立ち並んでいる。遠目だとこんなんだけど、近づくと「うお!でか!」となるくらいにでかい。

P_20180304_082722_vHDR_Auto















海までいけばまさに作ってる最中の大型船を見ることができる。「あの船が完成したら、どんな大量の荷物を担いで、世界のどこまで行ってしまうのだろう」などど思いを馳せてくると、それまでは出張先の一つでしかなかった呉という街の存在感が濃厚になってくる。もはや芋焼酎を片手にしみじみしたくなるムードだ。

「海まで来たしそろそろホテルに戻ろうかな」と思っていたところで、目に留まったのがフェリー乗り場である。なんでも、呉から目先にある江田島というところまで、高速船で10分の550円、フェリーで20分の390円で行けるらしい。船の存在は知ってはいたけれど、まさかそんな牛丼を食べるような料金で島までいけるとはちょっとびっくり。そこで朝の決意が揺らぎ始める。

「いやいや、今日は引きこもる予定が入ってるじゃないか。でもよ?でもこの街に次来るのもわからない。それにフェリーで20分なら、すぐ帰ってこられるし、そこまで時間も食うわけじゃない。・・・。というか、江田島というよくわからん島になんか行ってみたい!!

その時は財布とケータイしか持っていない手ぶら状態だったんだけど、ちょうど発着時間まで残り10分で、気が付けば券売機の前にいた。

P_20180304_083128_vHDR_Auto















8:35。そして乗った。

P_20180304_083250_vHDR_Auto















早い時間のせいなのか、フェリーはがらがら。いや、いつもそうなのかもしれない。

P_20180304_083805_vHDR_Auto















フェリーからは造船途中の大型船の正面が見えた。水面からのキラキラした反射を受けて、なかなかの見ごたえであった!かっこいいなしかし!

P_20180304_085609_vHDR_Auto















景色を楽しむのもあっという間で、島の発着場に到着。下調べも準備も全くしていないだけに、心が沸き出つ!!目的のない旅ってわくわくするよね。うん。

…といったところであまりに記事が長くなるのでまた明日、次回に続きます。突拍子もなくフェリーに乗ってみるの楽しいのでオヌヌメですぞ!

次回:休日だしちょっと近所を散歩しようかなって思ったら大冒険になった。【パート2】