もうね。とにかくやばい。
今まで見てきた映画はなんだったのって感じ。それくらい心を揺り動かされた。いや、そんなもんじゃない。なぶり倒されたって言っていい。

セッション(字幕版)
マイルズ・テラー
2015-10-21




今世間では政治、経済、会社、上司、いろんなものに怒りをぶつけられているけれど、根源的には自分への怒りを誰かにぶつけているだけに過ぎないんじゃないかって。

旨い物は売れる。資本主義じゃ当然だ。それなのに、旨くないものを旨くみせようとしたり、本質的な部分を諦めた努力が多すぎる。

何かを良くしたい、自分を成長させたいっていった時に熱をどこまで上げられているのだろう。

他人の上っ面の見え透いた笑顔を、心からこぼれる笑顔に塗り替えるには、他が盲目になるくらいの、怒りと狂気が必要なのだと痛感した。

ぬるま湯の生活に慣れきったクズ共に見て欲しい逸品。必ずぶち殺されたような気持ちになれるから。


Amazonプライム会員だとほぼ会員特典でタダで見られるけれど、こんな感情を貰えるのであれば、金出してもっと早く見ても良かった。数万円、数十万円出してもいい、いや価値がつけられないほどのしろもの。

忘れていた狂気をあなたに。