P_20180222_212708_vHDR_Auto














 

ちょっと間が空いてしまいました。
ブログに関して、別に深く調査したことを書けるわけでもないのに、内容の完璧さばかり求めて、逆に書くことに引け目を感じてしまっていたのですが、内容の完璧さよりも書いて公開すること自体が重要だと感じ、久々に書いてみることにします。

ついこの間まで仮想通貨にお熱だったボクですが、コインチェックをはじめとした仮想通貨にマイナスのニュースが続きに続き、泣きっ面に蜂が止まらない状態ですね。

そんなこんなで当初は4倍ほどにまで膨らんだ仮想通貨の資産も、今ではほぼ1倍に戻り、かろうじて原資を割ってない状態。それだけならまだしも、株価も下落してしまって、株の方も1倍に戻ってる状態で、当初のワクワク感はどこへやら。 

そんなボクが最近何しているかというと、ひとことで言えば社畜である。今月の休日は四日間だけなので、ほぼ週6出勤で心もあっという間にダークネスな感じですよ。

とはいえ、会社としても今稼いどかないといろいろと厳しい側面もあるのは理解しているから、誰かを恨むということはなく、ただ、転職の機会をひたひたと狙っているというところ。

ホテルに戻ると疲れですぐ眠ってしまいたくなる欲求を抑えきれないところだけれども、そんな寝て仕事してだけの毎日じゃ変わるものも変わらないので、ただひとつできることとして読書をしています。

そんでここ一週間で読んだ本がこれら。


多動力 (NewsPicks Book)
堀江貴文
幻冬舎
2017-05-26

















幻冬舎が多いですね。そして、本屋に行く人なら何度か目にしていそうなラインナップですね。
もうね。最近は書籍であれば、自己投資として、欲しいと思ったらすぐポチることにしました。そのため、一度買った際に関連書籍で出てきた本で興味をそそられるものはすぐポチってしまいます。だから幻冬舎が多いのかもしれないですね。

さて、君たちはどう生きるかでは、ナポレオンのような偉人を参考にどう生きるべきかを綴っており、漫画とはいっても、文章が多いのが印象でした。そして最後にはちょっとうるっときて、自分の人生を見直して、勇気をもって行動できてきたかなといったことを内省したりしました。

人生美しい生き方を望む人にはおすすめの一冊でした。

そして残りのビジネス書の三冊ですが、結論を要約すると不思議とどれも一緒。

「行動しろ。」です。

まあ大抵のビジネス書も大体は同じで、どう行動するかといった部分で肉付けしているに過ぎないのだけれど。それゆえ、結論というよりも、今の時代をうまく掴んで生きている有名人の人たちが何を考えているかを知りたくなったのが購入動機ですね。

あとは「行動しろ。」以外での共通点といえば、やっぱりSNSを巧みに活用しているところ。例えば、Twitterのフォロワーが1000人、10000人と増えるにつれマネタイズがしやすくなるってことはすでに耳にはしていたことではあるけれど、「あ~そうゆうことか」と腑に落ちた。



これらの本を読むべき!!とは万人に言わないけれど、例えばボクみたいな昔の風習に頑ななアナログな会社の人が読めば、「なるほど、今後のビジネスの在り方ももっと変容していくんだな」「SNSの活用は馬鹿にならないし、もっと勉強せねば」といったことには気が付けるのかもしれません。




まあそんなこんなで、仕事以外の時間で何か行動せねばと思い、本を読み、久々に記事を書いてみたところであります。